お役立ち情報

トップページ企業情報 > お役立ち情報

お役立ち情報-ブログ-

自営業・個人事業主 【電子申告しないと損?】

平成30年度税制改正により、個人の方の所得税について令和2年分以後の所得税確定申告について変更があります。
(令和3年の申告からです!)

≪変更1≫青色申告特別控除額が縮小されます。
(現行:65万円→改正後:55万円)

≪変更2≫基礎控除額が増額します。
(現行:38万円→改正後:48万円)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

上記の変更のみ考えると、控除額はプラマイゼロです。

ただし、「電子申告(e-tax)」または「電子帳簿保存」を行うと、引き続き65万円の青色申告特別控除が受けられます。

青色申告特別控除額と基礎控除額を合わせると控除額が10万円増えることになります!!

 (現行:103万円→改正後:113万円)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「電子申告(e-tax)」
 電子申告を行うには、マイナンバーカードの取得・カードリーダーまたはスマートフォンの用意など事前の準備が必要です。
 申告書の提出が税理士による代理送信で行われる場合は、マイナンバーカードの取得手続きやカードリーダーの準備は不要です。

 ※確定申告書及び青色申告決算書を電子申告する必要があります。
 税務署のパソコンからでは、青色申告決算書等のデータを電子申告することができず、青色申告特別控除額は受けられないのでご注意ください。

「電子帳簿保存」
 帳簿(元帳や仕訳帳)を電子データで保存できる制度です。(電子帳簿保存法の適用)
 電子データで保存を開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出する必要があります。

 ※令和2年分に限り
 令和2年9月30日までに電子帳簿保存の申請書を提出し、同年中に承認を受けて、同年12月31日までの間に、
 電子データで帳簿の保存を行うことで、65万円控除を受けることができます。
 
 
 電子帳簿保存の申請書は9月末と期限が迫っており、「電子帳簿保存法は間に合わない!!」という場合でも、
 電子申告については、申告までに準備をすれば良いため、まだ間に合います!
 お得に申告できるように準備を進めてはいかがでしょうか。
電子申告の開始についての準備や、電子帳簿保存についての詳細は、弊法人監査担当者までお問い合わせください。


≪参考≫国税庁HP 
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/0019009-126.pdf

[ 更新:2020-09-17 ]
その他の記事
記事のインデックスに戻る

PAGE TOP