新着情報

トップページ企業情報 > 新着情報

新着情報

【追加開催決定!!】「働き方改革関連法」対策セミナー

 8月29日14:00?16:30に開催予定の「働き方改革関連法」対策セミナーですが、お陰様をもちまして満席となりました。

 つきましては、同日午前中となる8月29日(水)10:00?12:30で追加開催することになりました。

 追加開催分のお席はまだ余裕がござますので、参加を迷われていた方や、当初の8月29日午後では都合がつかず参加をお見送り頂いた方は、是非ご参加いただければと存じます。

 お申込みおよび詳細なご案内はこちらです ↓

 http://www.itac-g.com/contents/info/hatarakikataseminar180809.pdf

 以下、本セミナーの概要となります。

 __________________________________

 ここ数年検討されてきた労働法改正ですが、去る6月29日に「働き方改革関連法」が成立したことにより、来年(2019年)4月から順次改正が行われることとなりました。

 この度の法改正は、労働時間の設計・把握・管理や年次有給休暇の取得状況管理と推進、また正社員と非正規社員の不合理な労働条件の格差是正(同一労働同一賃金)など、組織に対して何らかの労務管理施策の見直しを迫る戦後最大級の改正です。

 本セミナーでは、労務管理を行う上で対応が必要となる事項とその優先度・重要度、そして具体的な対応策をお伝えいたします。

 ■テーマ:
  「働き方改革関連法」への組織の具体的対応策
  2019年4月までに準備しなければならない事項を事例とQ&Aで紐解く?

 ■開催日時:
  平成30年8月29日(水)10:00?12:30

 ■会場:
  札幌市中央区南12条西15丁目4番3号 池脇ビル4F会議室

 ■講師:
  池脇行政書士法人 理事・社員
  社会保険労務士 中田具亨

 ■料金:
  1名様5,000 円(消費税込み)

 ■内容:

  1.長時間労働の抑制を目的として、罰則付きで設定される『労働時間上限規制』
   →求められる労働時間管理法や36協定の内容、適用除外事業・職種の解説

  2.正社員と有期契約社員の業務内容・職責の明確化?『同一労働同一賃金』?
   →同一労働同一賃金とは何か、また組織に生じるリスクとその回避策

  3.年次有給休暇の取得促進を目的とした『有給休暇取得促進義務』
   →個人別に年次有給休暇取得状況を管理しなければならない状況への対応

  4.中小企業に猶予されていた、『残業代割増率の上昇』
   →適用はいつからか、また組織に与える影響の大きさは

  5.高度プロフェッショナル制度、フレックスタイム制度、医師面接制度、勤務間インターバル制度等

[ 更新:2018-08-08 ]
その他の記事
記事のインデックスに戻る

PAGE TOP